スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊与田くん、北に来た その4
2013年03月29日
これにて完結です!w

朝、札幌駅までまた歩いて戻ってます。
途中、レンガのなんかがあったんで入りました。

CIMG5248.jpg
でかい。

CIMG5253.jpg

CIMG5249.jpg

なんかしらんけど鳩とカモが一緒に居ました。


CIMG5257.jpgCIMG5254.jpgCIMG5268.jpg
CIMG5278.jpgCIMG5277.jpgCIMG5267.jpg
CIMG5283.jpg
北海道の歴史が分かりました。
北方領土のやつに署名したりしました。
おみやげにトド肉の缶詰買いました。


CIMG5285.jpg
またまたゆるキャラ図鑑があったんですが、やっぱりまんべくんがいませんでした。
なんで…

CIMG5287.jpg
札幌駅でカレー食べました。
おいしい。

そんで電車乗って北海道をまた南下していきました。
行きとは別のルートです。

登別
CIMG5291.jpg

苫小牧
CIMG5289.jpg
HP!HP!

途中、いかめしを食べました。
CIMG5292.jpg
CIMG5293.jpg

口の中イカ臭くてやばくなりました。


CIMG5294.jpg
うす。



この日は、翌日の出発のこととか、その日の終電のこととかを考えて、
ちょっと中途半端な駅で宿泊することにしました。

駅降りたら商店街みたいなところで謎のメロディーがずっと流れてて怖かったです。
旅館も暗くて怖かった。
一人で札幌で買ったチーズと、コンビニでお酒を一人で初めて買って飲んでました。


その次の日、五稜郭に行きました。
ほんとは電車の乗り継ぎの関係で1時間くらいしか時間がなかったんですが、
五稜郭駅においてあった小さい地図を見た感じ10分くらいで着くかなって
おもって油断したら五稜郭につくまでに40分くらいかかってしまいました。

は?って感じだった。

仕方ないのでゆっくり見ました。
CIMG5297.jpg
CIMG5309.jpg
CIMG5301.jpg
CIMG5326.jpg
CIMG5322.jpg
雪で白かったんで夏に見たらいいよ。

そんで時間ないんでタクシーでフェリー乗り場にいきました。
CIMG5329.jpg
平日で誰もいませんでした。
一人で二等席で大の字になって寝ました。

CIMG5330.jpg
そして新青森駅到着。
おみやげ屋がめっちゃ充実してたんで、なかよし、黒にんにく、いくら弁当などを購入。
どれもおいしかった。


そして、電車で秋田の親戚の家に行きました。
ボックスかとおもったら普通の電車だったので、お弁当食べるの恥ずかしかったです。

親戚の家でワイン飲まされたりして楽しかったです。


秋田駅。
CIMG5383.jpg
CIMG5334.jpg
CIMG5332.jpg

秋田で一日ぶらぶらします。

とりあえず駅の近くにあった千秋神社みたいなところにいきました。
山から見る景色がきれい。
CIMG5342.jpg
CIMG5337.jpg
CIMG5347.jpg
CIMG5350.jpg

山下ったところに、池に雪が積もってて地面と池の堺がわかんなくて
めっちゃ危険地帯がありました。
一歩間違えば死です。雪国怖。
CIMG5351.jpg

再び秋田の街。
CIMG5354.jpg
CIMG5353.jpg
エネオスになまはげ。なんで。

そして近くにお祭りの歴史みたいなところがあったんで見ました。
CIMG5359.jpg
CIMG5371.jpg
CIMG5367.jpg
CIMG5370.jpg
CIMG5360.jpg
CIMG5372.jpg
CIMG5377.jpg
CIMG5373.jpg
いろいろあった。お面がいいね。
歴史館の一番上にあった太鼓体験みたいなのが、めっちゃポツンとあって面白かった。
CIMG5381.jpg

そんで秋田駅で最後にクッキーやら横手やきそばの箱とか買って終わり。

CIMG5384.jpg
こまちちゃん

再び親戚の家に戻りました。
親戚の幼女が二人いたので一緒に遊びました。
次女の子に「ちんちんついてる?」って聞かれたり、
スマホを使いこなしてたりして面白かったです。

次の日は、親戚の人の車に乗せてもらってかえりました。


おしまい。
長かったけどいろんなことがあってたのしかったよ。
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://dokuasari.blog22.fc2.com/tb.php/205-2d740e01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。