スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダークコミケットプリンセス後編
2011年08月25日
前回はぐだぐだあったことをありのままに書きましたが

ここからが本題。

ついにやつと接触する!!!

午後一時すぎ

ビッグサイトの入り口の巨大モニターでぐだぐだ。


「あの野郎・・・10時頃来るとか言ってたくせに」


一向にメール無し。


疲れたので座ってツイッターを覗いているとすぐ近くにフォロワーさんが
居ることが判明!

好奇心抑え切れず接触を試みる!!


インターネットで出会った人とリアルで出会ったことなんてない僕は
どう接していいかもわからない。

とりあえず柱の陰からその人らしき人を探してみる。

発見した!

しかし自分から声をかけるなんてもってのほか!

ツイッターで「発見した」的な言を書いてほのめかす。


そんでいろいろあって結局向こうから話しかけてもらいました///
ポケモンやらエア本話を5分ほどして解散。
いい人でよかった。こうして僕のオフ会童貞は奪われた。


しかしその次がある。

今回の本番はここではない!!

オフ会童貞を本来捧げるはずだったアイツがいない!


ってケータイみると「着いたよー」みたいなメールが。

うざああああああああ
おせえええええんだよおおおおおおおお
アカギ売り切れ店だよーーーーーーーーー
あのさぁあああああああ

とか考えたり。


先輩方がお帰りというのでレストランとか行くらしかったですが
そいつに会うためしぶしぶお別れ。

私は怒りを浮かべながら汗をぬぐいつつ奴が待つという西ホールへ向かう。


「あんにゃろーで童貞顔の糞ハゲ野郎だったら許さねえからな…」とか考える。



一瞬で発見。


白い上着。半ズボン。黒いバッグ。

柱の前でだるそーにケータイをいじっている。



メールでコンタクトを試みる。

なにぶん電波が悪くて時差が発生。
しかし柱の陰から360℃相手を見渡してみる。

「嘘だろ…」

私は目を疑った。





 イケメン…




 
近くで見るとよくわかる。クッソイケメンが待っていた。

僕は床をパンチして悔やんだ。

ちくしょう… ちくしょう…

自分が不細工に生まれてきたことに今日ほど悔いたことはない。


いままでチャットとかでさんざん弄んできた相手がイケメン…美少年…
対する私はおたく学生丸出しのくず…

社会的には全く真逆に位置する関係…

しかしインターネットというフィルターが私を守ってきた。



しかし今は違う… 現実…リアル…!!



現実という荒波が私に襲いかかる。


足が震えた…



殺されたらどうしよう…


「なんだてめぇ、こんなクズみたいな人間だったのかよ!
こんなクズに遊ばれてたかと思うと腹立つわ!!死ね!!!ペッ!!!」

なんて言われたら…






一瞬マジで帰ろうかと思った。







しかし

私は経験していた…。



オフ会童貞のままだったらおそらく逃げていただろう。


しかし私はこの30分前に・・・

すでにフォロワーさんと合っていたのだ!!

すでにこなしていた!!

そして掴んでいた!!!





初対面でもネットでの知り合いならある程度話せる!!!!!!!!





私の脚は動いた

彼が気付くだろう寸前の所まで近づき

帽子と眼鏡というキーワードをちらつかせ


行ったァァァ!!!!!!




彡 ´A`ミ     (-ω-;)



彡 ´A`ミ     (-ω-;)「あ、、あ、」




彡 ´A`ミ「あれもしかして」(°ω°;)「あ、あれ!」



がたがたの心

しかしここで私の最大である特性が発動した…。


「自分より小さいものには強い」


私は低身長であるためか、普段周りの友達は自分より背が高い事が多い。

そのためかやや萎縮をしてしまうケースがあった。

しかし・・・


彼はイケメンだが…



チビだった…





勝った。








「あれぇぇっぇ! もしかして、あ!ぽろの人!!あ違うか!とろ、あれ?!!?しばきつn…あっ!
ビーストレイパーのもけおさんですかあああああぁぁぁぁあ!?!?!!?!?」


「あぁっそういうあなたはおいも飛行… いーさんですか!」

(うる覚え)





そんでもって20分くらい一緒にぶらぶらしました。


イケメンとブサイクが並んで歩いてるという構図なのでやや心苦しい物の

ショタ丸出しのもけお君に私は心を開いていた…。


そしてリアルでもネットとあんま変わらん性格というのがわかった…。




しかし・・・


心を許し、もっと仲良くなりたいなとおもった矢先…



「あ、すみませんリア友が待ってるんで…」








久々に切れちまったよ










頭来たから写真撮って帰った。



一人電車にゆられて。

腹はペコペコ。

汗でベトベト。



一生懸命買った薄い本を抱きかかえて…





怒りとは違う。

謎の喪失感。

ああ…



結局世界はいつも僕に非情な牙をむける。


帰ってすぐ寝た。




感想:もけおちゃん超ショタかわいすぎメイド服着て欲しい(はーと)
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://dokuasari.blog22.fc2.com/tb.php/136-601f7dc6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。