スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己紹介のコーナー
2011年08月22日
わたしの過去の紹介などをします。

伊与田とは何者?!

伊与田まと の歴史


某アスキーアートのゲームにはまり、そこのお絵かき掲示板を荒らし調子に乗る。
当時のHNはアスキーアートの「ぃょぅ君」が好きだったことから「Eョゥ」。
そこからインターネット上での人との交流に目覚め、自分のHPを立ち上げる。

それが最初のHP「おいも飛行」(2006/5/10~11/14)であった。

その時代にチャットで色々人と絡むうちに自分の中のいろんなものをさらけ出すことに
快感を覚えて自分のキャラクターをたくさん作り出した。
緑色のぃょぅくんのようなキャラクターを自分に見立て、暴れる。
その仲間が増えだして現在の「もキャラ」に至る。
やすいレンタルHPサーバーを使って作ったおいも飛行では色々とやりたいことができなくなり
およそ半年で移転。

次のHPが「くもくらべ」(2006/11/15~2009/3/31)。
ここでFLASHを公開始める。ついでにHTMLについて勉強を始めた。
HNも「Eョゥ」のいよ部分をとり「伊与田」などと名乗りだす。
「いーさん」「いーちゃん」の相性で呼ばれて本人は上機嫌。
自分のキャラを青いラッコで描くようになる。
そんな中、なぜか分からないけどFLASHの偉い人
に目が止まり、紅白Flash合戦07へお誘いを頂いた。

そして2007年紅白Flash合戦「(毬)マリークリスマス」でイベント初参加。
世間に伊与田が一瞬だけ顔を出す。内容はひどいもので、トラブルで音が入ってなかったり。
さんざんだったが当人は楽しかった模様。

そしてリアルが忙しくなりくもくらべの更新が遅くなる。縮小版「くもくらべMINI」として
絵日記をたまに更新する程度だった。


しかしこの時期裏でこっそりブログを設立。短い時期だったが、一日一枚のハイペースで
絵を描いていた。ギャラリーにある一部の絵はその時描いたものである。(どくろちゃんとか)
この時期にもFLASH紅白のお誘いを頂いたが、忙しかったのでお断りした。

ブログは見る人が少なすぎたため2ヶ月程度ですぐ飽きて消してしまった。

また、ニコニコ動画にもついに投稿をする。もやしもんにはまっていたため、
もやしもん関連の動画を何本か作り投稿していた。

リアルの忙しさが終わり、サイトの改装をする。
「@靄屋」(2009/4/1~2011/8/21)である。

このへんで伊与田のハンドルネームに「まと」がつき始める。どっから来たのかは内緒。

まとに至るまでに「伊与田まくら」やら「いより」やら流れたりするが、最終的に
伊与田まとで安定した模様。


伊与田のHPの歴史では一番長い@靄屋で初めて漫画を連載してみたりする。
不定期ながらもくそ長い漫画をねちねち描いて完成させた。

長編フラッシュアニメシリーズ「ちこくもの」を計画するものの未だに未完。クズ。

FLASH紅白合戦2009に「どんびき!!」で参加。
声優さんを採用するといった多くの人に迷惑をかける戦法により、
長編アニメっぽいのを完成させたが、これまた分割されている。
重すぎたから仕方ない。ほんと当時関わった方々に謝りたいです。
そんなんでFlash紅白の恩恵はあまりうけられずまたまた伊与田の名前は
どこかへ沈んでいく。

ツイッターを始める。当時はまっていた必須アモト酸関連の人達と交流し、
音MADの見る専として生きる。なぜ制作側に回らなかったのかは謎。

この頃pixivも始める。ミジュマルメドレーといわれるひとりイベントにより
お気に入られ数を伸ばしたりした。
調子にのり、ニコニコ動画で見かけた「ふしぎなくすりのまされて」シリーズにいち早く便乗。
便乗してすぐだったこともあってか、再生数はこのシリーズの上位に食い込むものになった。

またその数カ月後、ポケモンの釣り動画で50万再生を達成したりしてまた世間に顔を出した。


しかしこの時期に全てがめんどくさくなり、FLASHをついに引退宣言。
絵に生きる事を決めた。

だが心のどこかでまだ動画を作りたいという欲は生きているようだ。


そして2011/8/22 「もーいーよ!」を設立。

ここから先伊与田がどうなっていくのかは謎です。

伊与田自身まだやる気はあるみたいなので応援してあげてね。


と、自分で自分を説明してみたり。
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://dokuasari.blog22.fc2.com/tb.php/134-5f86bd30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。